ベンジャミンのお世話の方法は?美しい樹形をいつまでも!

私がベンジャミンの小さな鉢をもらってから
なんと30年近くになりますが、
挿し木や、植え替えを繰り返し
同じ株をずっと育て続けています。

すぐ、枯らしてしまう方のために
ベンジャミンを美しく育てるノウハウを
お伝えしたいと思います。

パキラやドラセナなどの
他の観葉植物にも応用できますので
参考になさってくださいね。

ベンジャミンを美しく育てる4つの方法

🍃なぜ、植え替えが必要なのでしょうか?

つやつやとした美しい葉
個性的な樹形など
日本の庭木とは一線を画す観葉植物たち・・

近代的なモダンリビングには
欠かせない名脇役です。

けれど高価なものを購入しても
数年のうちに枯れてしまうことがありませんか?

亜熱帯原産の植物ですから

日の当たらない
部屋に置いておくだけでは

だめになるのは仕方がありません。

ジャングルを形成するほどの
生命力をうまくコントロールしましょう。

  1. 根詰まりを解消するためには「植え替え
  2. 美しい葉を出すためには「日光」「葉水
  3. 整った樹形のためには「剪定」や「切り戻し
  4. 親の木が衰弱したときのために「挿し木

この、どれが欠けても
長く観葉植物を楽しむことはできません。

このブログでは
作業別にわかりやすく
要点をまとめてあります。

1-1 植え替え方法
1-2 土作り
1-3 植え替えの目安

2-1 剪定方法
2-2 挿し木の仕方
2-3 管理(水やり、肥料、保管場所)

3-1 我が家の失敗談
3-2 あとがき

必要な項目を選び
途中で確認しながら
作業ができますので、ご活用ください。

🍃1-1 植え替えの方法

植え替えの適期は
5月~10月の成長期ですが、
特に植え替えは梅雨時期が一番ですね。

タイミングを逃さず行いましょう。

  1.  ベンジャミンを鉢から抜く
  2.  絡まった根を取り除く、根切りしてよい
  3.  新しい観葉植物用の土に肥料を入れ土作りする
  4.  大きくしたい場合 1周り大きい鉢に植える
  5.  植え付け後、水をたっぷりあげる

1-2 土作りのコツ

観葉植物の土がなくても、
普通の培養土3割に
腐葉土2割、赤玉土小粒5割 

を混ぜても作れます。

長く楽しむ観葉植物には
緩効性肥料をかならず混ぜましょう。

鉢の底に水抜けがいいように
ふだん軽石を敷きますが
観葉植物は生育が旺盛です。

根が軽石に絡みつき、外せなくなるので
さらに大きくする予定の苗は 
大き目の赤玉土でも代用できます。

次の植え替え時に軽石を外す手間がありません。

おととし挿し木をしたベンジャミンも植え替えします。
おととし挿し木をしたベンジャミンの植え替え
植え替え完了。来年も植え替えするようですね。
植え替え完了。来年も植え替えするようですね。
植え替えより2週間後のベンジャミン
植え替えより2週間後のベンジャミン

植え替えより2週間後
つやつやの葉っぱがたくさん出てきました。
伸びすぎた枝を
剪定して、挿し木してもいいですね。

🍃1-3 植え替えの目安とは?

だいぶ根が底から出ているようです。
だいぶ根が底から出ているようです。
  1.  根が水抜き穴より出ている
  2.  5月~10月の成長期に新芽が出ない。葉が枯れる
  3.  常に水枯れの状態である

このような状態になっていたら、
植え替えしましょう。

このままにしておくと、急に葉が落ちて枯れます。

🍃2-1 ベンジャミンの剪定(せんてい)の仕方

  1.  5月~10月の成長期に剪定する
  2.  10~15cm位伸びたら、枝の二股の片方を根元より切る
    剪定の仕方
    剪定の仕方
  3.  幹はだんだん外へ開いてしまうので針金で縛って内側へ寄せる

ベンジャミンは切ると、白い樹液が出て、
服などが黒くなります。

あまり触らないようにしましょう。

剪定した枝は水を張ったバケツに入れ、
水揚げ後、挿し木して増やせます。

🍃2-2 ベンジャミンの挿し木の仕方

  1.  剪定で出た枝の下の葉をむしり、土に5cmほど挿す
  2.  毎日水を大量に与え、半日陰に置く
  3.  7日~10日で根が付く、根付いたら肥料
  4.  その年は秋が来たらそのまま室内に取り込む
  5.  翌年の5月以降、植え替えする

同じ大きさの枝を3本育て、
枝を落とし幹だけにした後
ねじって1本に仕立ててもいいですね。

あまり早く、ねじると
大きな太い幹になるだけなので
2~3年育ててから
隙間を充分空けて幹をねじりましょう。

🍃2-3 ベンジャミンの管理の仕方

  • 5月~10月の成長期は
    屋外の直射日光を避けた場所で
  • 最低気温15度になったら室内へ
  • 我が家では12月までは玄関で
  • 1月~3月はリビングの日の当たる場所で
  • サンルームなどあれば、通年室内でも大丈夫
  • 水は表面が乾いたらたっぷりと、葉水も与える
  • 冬は水は控えめに
  • 肥料は5月~10月は週一で液体肥料、他の時期はなし

 
📚補足:「葉水」とは…
 水やりする際、水を植物の上から葉に掛かるように
 かけること。特に室内で育てている観葉植物は
 ホコリが積もっていることがあり、必要。

📚注意:夏の昼間、葉水をすると
 葉に残った水滴が光に反射し
 葉が焼けることがあります。
 朝早くか、夕方にあげましょう。

🍃3-1 植え替えの失敗談

前書きにもありますが、
30年近くベンジャミンを育てています。

同じ株です。
挿し木して、友人やご近所に配ったり…

虫や病気に強く形が整えやすく
育てやすいです。

10年経つと鉢が大きくて移動が大変で
あっという間に根詰まりして
だめになり

挿し木したものをまた、
育てての繰り返しです。

おおっ!直径3cm位の巨大な根っこが!
おおっ!直径3cm位の巨大な根っこが!

先日、10年以上経った株の
植え替えをしたのですが、

根が絡まり過ぎて
とんでもないことになっていました。

のこぎりで根を切ったあと、腕力で引き抜きます。
のこぎりで根を切ったあと、腕力で引き抜きます。

途中で太い根をのこぎりで切って
やっと外すことに成功しました。

こんなスゴイ根っこが絡みついておりました!
こんなスゴイ根っこが絡みついておりました!

4年間植え替えしてませんでした。ゴメン…

植え替え後、1週間ほどで
新芽が出てきました。
なんとか、枯れずにすみそうです。

植え替え完了!きゅうくつな思いをさせてゴメン!
植え替え完了!きゅうくつな思いをさせてゴメン!

🍃3-2 あとがき

  1.  ベンジャミンは剪定、植え替えを必ずしよう!
  2.  適期は5月~10月、特に梅雨時期がベスト!
  3.  剪定したものは、挿し木で増やせる!

大きくしたいけど、2メートル以内におさえましょう。

夏は外でもいいけど15度以下になったら
お部屋に入れる都合上あまり大きいと入りません。

2年を目安に植え替えて根切りと剪定をして
扱いやすい大きさをキープするのが理想です。

暖かな冬の陽だまりで
ベンジャミンの根元で眠る猫たち…

暖かなベンジャミンの上はねねのお気に入り
暖かなベンジャミンの上は猫たちのお気に入り

猫の観葉植物へのイタズラにお困りの方は

猫から室内の観葉植物を守る!」 を
ご覧ください。

夏の管理が十分ならば
寒い冬を乗り越えられます。
がんばってお世話しましょう。

冬のベンジャミンのお手入れだけを
まとめた「ベンジャミンの冬越しの仕方」も
参考にしてくださいね。

夏の寄せ植え、ニチニチソウをメインに秋まで咲かせましょ!

暑さに強く手間もなく、その上安い
ニチニチソウに秋まで咲く花苗を合わせて
豪華な寄せ植えを作りましょう!

写真付きで、材料からわかりやすく
解説していますので安心です。

暑さに負けない夏の寄せ植えの作り方・2選

  • その1 ニチニチソウ、ブルーサルビア、カラーリーフの寄せ植え
  • その2 ペチュニア、バーベナ、カラーリーフ2種の寄せ植え
  • その3 おまけ・別の寄せ植えからのドミノ移植の方法

🌸手間のない花苗を選びましょう!

暑い夏の花苗は何といっても、
暑さに強くなくては始まりません。

しかし、炎天下での作業なんて、
まっぴらごめんですよね。

そこで、その1では、
花がら摘み、摘心なしの植物を厳選しました。

お気楽にガーデニングを満喫しましょう!

🍃カラーリーフを入れると豪華な寄せ植えに!

今注目のカラーリーフの寄せ植え。
コリウスやサントリーの「テラスライム」を使います。

コリウスは、安いものなら、
98円から買えちゃうお助けアイテムです。

「テラスライム」はヒルガオ科の改良品種で
グリーンカーテンに使うほどの
優れた遮光能力を秘めた苗です。
1苗350~400円位です。

では、早速、作りましょう!

🌸その1 ニチニチソウ、ブルーサルビア、
   カラーリーフの寄せ植え

☆材料
  • ニチニチソウ ピンク、オレンジ、白(八重咲) 3種 3苗
  • ブルーサルビア 2苗
  • テラスライム  1苗
  • 直径30cmのボウル
  • 培養土 6~7リットル
  • 腐葉土 培養土の2割
  • 赤玉土(小粒) 培養土の1割
  • 緩効性肥料 大さじ1~2程度
  • 鉢底石  鉢の水抜き穴が隠れる程度
☆作り方
  1.  培養土、腐葉土、緩効性肥料、赤玉土を混ぜておきます。

    ニチニチソウ、ブルーサルビアは
    過湿を嫌いますので用土は水はけよくします。

    赤玉土を混ぜるのもそのためですよ。

  2.  もちろん、鉢底石を敷きます。

    鉢底石を鉢の穴が隠れるくらい入れます。
    鉢底石を鉢の穴が隠れるくらい入れます。
  3.  1の土を鉢の半分ほど入れ、植物を仮置きします。

    培養土、腐葉土、赤玉土、緩効性肥料を混ぜて鉢に半分ほど入れます。
    培養土、腐葉土、赤玉土、緩効性肥料を混ぜて鉢に半分ほど入れます。
  4.  背の高いブルーサルビアを中央に、周りに
    ニチニチソウ3株、テラスライムは
    少し縁(ふち)に傾けて植えます。

    今回の苗は根鉢は崩さずに植えましょう。

    苗をポットのまま仮置きしてバランスをみます。
    苗をポットのまま仮置きしてバランスをみます。
  5.  夏の鉢植えに殺虫剤は欠かせません。
    オルトランを忘れずにまきましょう。

    春夏のガーデニングの必需品「オルトラン」を忘れずに撒きましょう。
    春夏のガーデニングの必需品「オルトラン」を忘れずに撒きましょう。
  6.  出来上がりです!底から水が出るまでたっぷりあげましょう。

    その後は、過湿の嫌いな苗たちなので
    表面が乾いていたらあげるようにしましょう。

☆注意事項

花がら摘みのない苗ですが、
自然に取れた花が株もとに溜まります。

カビの原因となりますので、
時々きれいにしてあげましょう。

枝が伸びすぎたら、切り戻して整えましょう。

下の写真は
植え付けから2か月後の様子です。
ひとつの苗だけが
大きくなり過ぎないよう
切り戻しています。

8月末の夏の寄せ植えの様子。適宜、切り戻しています。
8月末の夏の寄せ植えの様子。適宜、切り戻しています。

🌸その2 ペチュニア、バーベナ、カラーリーフの寄せ植え

☆材料
  • ペチュニア 白  1苗
  • バーベナ  白・紫  2種 2苗
  • コリウス 2種 2苗
  • 直径26cmのボウル
  • 培養土、腐葉土、緩効性肥料 合わせて4~5リットル
  • 鉢底石
☆作り方
  1.  その1と ほぼ一緒ですが、過湿にも耐えますので
    用土に赤玉土を入れなくても大丈夫です。
  2.  コリウスは根をくずさずに植え付けます。
    育ち過ぎて根がぐるぐる巻きになっていたら
    三分の一ほどくずしてもいいでしょう。

    コリウス 人気のカラーリーフの1種です。
    コリウス 人気のカラーリーフの1種です。
  3.  中央にコリウス2種、左右にバーベナ、
    ペチュニアは前方に垂れるように配置します。
    忘れずにオルトランをまきましょう。

    夏の暑さに負けないおしゃれなアレンジです。
    オルトランの上にウッドチップを
    敷いてもいいですね。

    ペチュニア、バーベナ、コリウスの寄せ植え完成です。
    ペチュニア、バーベナ、コリウスの寄せ植え完成です。

その2の寄せ植えは
10分で出来てしまいました。

なぜでしょう?
その理由は 
その3のおまけをご覧ください。

🌸その3 おまけ・別の寄せ植えからのドミノ移植の方法

春の寄せ植え」の6月下旬の様子です。

キンギョソウと
オステオスペルマムの花が咲きません。

暑さに弱いからですね。
けれど、一緒に植えてある
ペチュニア、バーベナは元気そのもの。

春の寄せ植え6月下旬の様子
春の寄せ植え6月下旬の様子

そこで、キンギョソウ、
オステオスペルマムを
秋冬の寄せ植えの
パンジーのあった所に移し、

空いたところにコリウス2種を
植えることにしました。

写真を見ながら手順を追って行けば
それほど難しくありません。

せっかく作った寄せ植えを
手直しして長く楽しみましょう!

☆必要な道具
  • 植え替え用スコップ
  • 土ふるい
  • バケツ、洗面器など
植え替えには先の細いギザのあるスコップがオススメ!
植え替えには先の細いギザのあるスコップがオススメ!
  1.  写真は「秋冬の寄せ植え」です。
    枯れたパンジーの根が白く盛り上がっています。
    移植ゴテで掘ると枯れた根が出てきます。

    秋冬の寄せ植えのパンジーが枯れた後の様子
    秋冬の寄せ植えのパンジーが枯れた後の様子
  2.  土ふるいで、古い根を取り除き土に
    腐葉土、肥料など混ぜてまた使います。

    土ふるいで残った根や葉っぱを取り除きます。
    土ふるいで残った根や葉っぱを取り除きます。
  3.  春の寄せ植えのマルチングの
    ウッドチップを取ります。
    キンギョソウ、オステオスペルマムを
    堀り上げます。

    キンギョソウ、オステオスペルマムを掘り上げます。
    キンギョソウ、オステオスペルマムを掘り上げます。

    ペチュニアとバーベナ2種が残りました。
    ペチュニアとバーベナ2種が残りました。
  4.  パンジーのあった所に植えます。
    キンギョソウは、ストレスに弱いので
    花があったら、切り戻して
    葉だけにしましょう。

    枯れたパンジーの根を掘り上げます。
    枯れたパンジーの根を掘り上げます。
  5.  日差しの苦手な苗たちの
    寄せ植えになりましたね。
    東側の半日陰に置いてあげましょう。
    秋には、また、咲いてくれますよ。

    日差しが苦手な苗たちのの寄せ植え
    日差しが苦手な苗たちのの寄せ植え
  6.  春の寄せ植えの空いたところに
    コリウス2種を植えます。

    空いた部分にコリウスを植え付けます。
    空いた部分にコリウスを植え付けます。
  7.  この出来上がりが
     その2の寄せ植えになります。
    コリウスを置いただけなので
    10分でできたというわけです。

    さわやかな真夏の寄せ植えになりました。
    さわやかな真夏の寄せ植えになりました。

    ドミノ移植が、無事に終わりましたね。
    お水をたっぷりあげて
    オルトランをまきます。

    根が傷んでいるので
    養生(ようじょう)させます。
    養生とは、半日陰で2~3日
    苗を休ませることです。

🌸あとがき

花苗を寄せ植えするとき
同じような性質の物同士を合わせたいですが

春から夏にかけて気温の変動が大きくて
難しいことも多いですね。

そうしたとき、このように
寄せ植えの仕立て直しをしてあげると
また、別の寄せ植えのように楽しめます。

その2の春の寄せ植えは黄色の花がメインでした。

植え替える時、マリーゴールドなどの
黄色の花を選びがちですが生育期に
寄せ植えが花だらけになって暑苦しい印象に・・・

うまくグリーンを取り入れて
メリハリをつけるのがいいですね。

寄せ植えの苗の掘り上げは他の苗の根を
傷つけるリスクも持っています。

なるべく梅雨の時期に行いましょう。

梅雨明けしてしまうと
日差しの強さで
苗が回復する前に
枯れてしまうかもしれません。

カラーリーフは生育が旺盛(おうせい)です。

まめに切り戻して形を整えましょう。
切った枝は差し芽で
(特に梅雨期間は)よくつきます。

差し芽用の土などを利用して
カラーリーフだけの寄せ植えを作れますよ。

梅雨は挿し芽、挿し木の適期です。
梅雨は挿し芽、挿し木の適期です。

🌸まとめ

  1. はじめて、夏の寄せ植えを作る人は
    その1を参考に作ってみてください。

    苗を 赤いベゴニアと紫がかったコリウスに
    変えてもおしゃれです。

  2. 春に寄せ植えを作った人は
    その3を参考に仕立て直しに挑戦してみてね。
  3. カラーリーフをうまく使って
    ワンランク上の寄せ植えにしましょう。

🌸今回の作業時間

今回その1の寄せ植えの他に
ドミノ移植の寄せ植え2個も
まとめて作ったので
2時間以上かかってしまいました。

3個はさすがに疲れました。(;^_^A

真夏の作業は重労働ですので
朝方や、夕方に作業しましょう。
熱中症にお気を付けください。

🌸その後の寄せ植えたち

秋に咲く予定の
オステオスペルマムの花と
キンギョソウが
8月にすでに復活!

今年は8月に長雨が続き
気温も上がらなかったので
秋だと勘違いしたみたい・・

秋冬の寄せ植えの仕立て直し後1か月後の様子
秋冬の寄せ植えの仕立て直し後1か月後の様子

さらに夏の寄せ植えの
テラスライムは
差し芽でどんどん増えて
すごいことになっています。

詳しいいきさつは
「テラスライム」の育て方!
 をご覧ください。

テラスライムとコリウス
テラスライムとコリウス