サントリー「ミルフル」を使ったワンランク上の寄せ植え

サントリーの秋冬の花苗「ミルフル」
スミレの改良品種ですが、
ただのビオラではありません。

美しいフリルの寄った花びら、
その花びらを彩るアンニュイな色合い
言葉では言い表せないその魅力は
見る人を虜(とりこ)にしてしまいます。

いつものパンジー・ビオラに飽きてしまったアナタ
今年の秋冬の寄せ植えの主役を
「ミルフル」にしてみませんか?

「ミルフル」ピンクフリル 薄紫
「ミルフル」ピンクフリル 薄紫

今回は深めの65cmプランターに
チューリップの球根とアリッサムと共に
寄せ植えします。

「ミルフル」で、素敵な寄せ植えを作ろう!

☆も く じ☆

 1 花苗の説明
 2 材料、資材の説明
 3 植え付け方法
 4 管理の仕方
 5 チューリップが咲き終わったら

🌸花苗の説明

  • ミルフル  同じ色2苗

     ご存知サントリーの秋冬の花苗
     スミレ科スミレ属 売価300~350円前後
     色合いは紫、ピンク、黄色のバリエーションで
     同じ苗の中でも濃淡があり、変化が楽しめる
     欲しい色が近くのお店にない時は
     オンラインでも買える

    「ミルフル」 ピンクフリル 薄桃
    「ミルフル」 ピンクフリル 薄桃
  • アリッサム 1苗

     寄せ植えを引き立てる繊細な小花
     色は白と紫、今回は白、紫、黄色の混色
     売価は普通の苗は100円前後、
     写真のメガビッグは198円
     「ミルフル」と色目を合わせて選ぼう

    アリッサム メガビッグ
    アリッサム メガビッグ
  • チューリップの球根  3個

     バラで販売している1個50~80円前後
     今回の寄せ植えでは
     薄紫の「ミルフル」に紫のユリ咲き球根
     薄桃の「ミルフル」に白に桃の縁取り球根
     という感じで組み合わせている

    チューリップ バラ球根
    チューリップ バラ球根

🍃材料、資材の説明

下記の材料は、プランター1個分です。
肥料入りのパンジーの土18リットルでも代用可。

  • プランター 幅65cm深さ28cm 1個
  • 培養土  12リットル
  • 腐葉土  3リットル
  • 緩効性肥料  大さじ3~4杯
  • 赤玉土(大粒)  3リットル
  • オルトラン(殺虫剤) 小さじ2杯

65cmプランター 深型タイプ
65cmプランター 深型タイプ

プランター培養土と緩効性肥料
プランター培養土と緩効性肥料

腐葉土、赤玉土(大粒)
腐葉土、赤玉土(大粒)

左オルトラン、右病気と虫用スプレー
左オルトラン、右病気と虫用スプレー

🌸植え付け方法

  1.  配置図を参考に植え付ける
    ミルフル寄せ植え配置図
    ミルフル寄せ植え配置図
  2.  プランターに大粒赤玉土を5cm入れる
    球根の根を守るため鉢底石の代わりに使用
    赤玉土(大粒)をネットが隠れるくらい入れる
    赤玉土(大粒)をネットが隠れるくらい入れる
  3.  培養土、腐葉土、肥料を混ぜ合わせ
    プランターの半分の高さに入れる
    プランターの半分、土を入れる
    プランターの半分、土を入れる
  4.  配置図を参考に球根3個を置く
    球根が隠れるまで土を入れる
    球根が十分隠れるくらい土を入れる
    球根が十分隠れるくらい土を入れる
  5.  配置図を参考に苗3株を置く
    球根の真上に苗を置かないようにする
    球根を避けて苗を置き土を入れる
    球根を避けて苗を置き土を入れる
  6.  残りの土をかけてオルトランを撒く
    水を鉢底穴から出る位、たっぷりあげる
    苗の表面とプランターの土の高さを合わせる
    苗の表面とプランターの土の高さを合わせる

🌸霜の降りる地方の方へ

11月中旬以降でいいのですが
腐葉土で土の表面をマルチングして
寒さ対策をしてあげるといいですね。
やり方はカンタンです。

  1.  苗の株元にオルトランをまく。
    オルトランをまいてから腐葉土を敷き詰めます。
    オルトランをまいてから腐葉土を敷き詰めます。
  2.  腐葉土を土の表面や苗の株元に敷き詰める。
    11月29日マルチング後のミルフル 
    11月29日マルチング後のミルフル 

寒さで枝が下向きになっているので
土が減っているときは、新しい培養土を
根元に足して、盛り上がるように(土寄せ)
してから、マルチングするといいでしょう。

🌷管理の仕方

⛅10月~12月初旬

 午前中に1回水やりする(週1回液体肥料)
 半日以上日の当たる場所
 雨に当てても良い
 摘心、切り戻しは不要
 花がら摘みは必須(茎から摘む)

☃12月~2月

 土の表面を触って湿っていれば
 水やりしなくてよい
 液体肥料は月に2度ほどでよい
 霜に当ててよい

⛅3月~5月中旬

 急に暑くなる日には
 1日に2回水やりする
 成長期になるので週1で液体肥料
 花がら摘みをまめに行う
 4月中旬以降はオルトランを使用
 1年草なので、夏越しはしない

ミルフル寄せ植え紫
3月下旬
チューリップが咲いて
見事に寄せ植えの完成!

🌷チューリップが咲き終わったら

 チューリップの花期は4月上旬ですが
 ミルフルは5月下旬まで持ちます。
 枯れたチューリップの葉が寄せ植えに
 残っていると見苦しいですね。

 以前は球根を太らせるために
 枯れた葉を残しましたが最近は
 チューリップは1年草と割り切って
 見頃の終わった葉と茎は根元から
 切り落としてしまっていいようです。

 というのも、八重咲きやフリンジ咲きなどの
 変わり球根は同じものが翌年咲かないのです。

 以前ピンクの変わり咲きチューリップ10球を
 掘り上げて植え直した結果咲いたのは
 わずか3球で、色も白のカップ咲きでした。
 
 先祖返りしてしまうのですね。

ガーデニング、プランター
チューリップと
パンジー、ビオラの
寄せ植え

🌸あとがき

チューリップとパンジーの寄せ植えを
毎年作っていて
新学期を迎えた子供と一緒に写真を
撮ることが慣例になっていました。

子供が大きくなるにつれ
いつしかチューリップを植えるのを
やめてしまっていましたが
「ミルフル」と共にまた育てることにしました。

遅くとも11月中旬までには
植え付けて株を大きくしておくと
冬の間きれいな花が楽しめます。

春になるとだんだん
チューリップが咲きあがってきて
3月下旬から4月にかけて
このようにキレイに咲いてくれますよ。

ミルフル寄せ植えピンク
ピンクの寄せ植えもいいですね!

寄せ植えに慣れていない方は
秋冬の寄せ植え、初心者さんにおすすめの花苗

も公開中です。参考にしてね。

お客様をお迎えする年末年始の玄関に
素敵な寄せ植えでおもてなしをしましょう!
  

ボンザマーガレットの育て方、手間いらずの優等生!

サントリーのキク科の花苗の中でも
人気があるのが、「キララ」ですが
「ボンザマーガレット」も意外によかったので
ご紹介したいと思います。

キク科というと
秋に咲くものと思いがちですが
真夏と真冬以外は常に花が咲いていて
病気や虫にも強いです。

なにより剪定要らずで
勝手に丸くまとまってくれるので
日々の作業は花がら摘みだけです。

ボンザマーガレット 横から見た写真
ボンザマーガレット 横から見た写真

ただ植えただけですが
上の写真のように丸く
こんもりと成長してくれます。

花も日持ちがするうえ
花びらが散らかることなく
茶色に変色するだけなので
拾い集める手間もありません。

そして、花は可憐でカワイイです。

ボンザマーガレットの
育て方とお世話の仕方

植え付け方とお手入れの仕方を
写真でわかりやすく説明していますので
はじめての方でも大丈夫ですよ。

🌸ボンザマーガレットの種類

今回 植えるのは
「ボンザマーガレット」の
オペラ咲き レモンイエロー です。

ボンザマーガレットには
 リーフ咲き(一重咲き)
 ウルル咲き(アネモネ咲き)
 オペラ咲き(八重咲き)
の3種類があります。

色も
リーフ咲きは
チェリー、ラズベリー、ホワイト
ウルル咲きは
ルージュピンク、イエロー、ホワイト
オペラ咲きは
レモンイエロー、サクラ
と豊富に揃っています。

ホームセンターや園芸店での売価は
400~450円(税抜き)です。 
オンラインでも購入できます。
好きな色で長く楽しみたいですね。

🌸植え付けましょう!

☆材 料☆

直径20cmの丸鉢 1個用

  • ボンザマーガレット 1苗
    ボンザマーガレット ポット苗状態
    ボンザマーガレット ポット苗状態
  • A 培養土  3~4リットル
  • B 腐葉土  カップ1杯
  • C 緩効性肥料  小さじ1
  • 鉢底石  カップ2/3
  • オルトラン(殺虫剤) 小さじ一杯
  • 飾り ウッドチップ、ピック

☆植え付けの手順☆

 

  1. 鉢の穴にネットを敷き鉢底石を入れる
  2.  

  3. ABCをバケツに入れ混ぜておく
  4.  

  5. 2を鉢の半分位いれ、そこに
    ポットから出した苗をおく
    根鉢は崩さずに植え付けする
    根鉢は崩さずに植え付けする
  6.  

  7. 鉢の縁から1cm位下に土の表面が
    くる位に2を足す
  8.  

  9. 土の上にオルトランを撒く
    匂いが気になる時はウッドチップを敷く
    最後にウッドチップを敷く
    最後にウッドチップを敷く

植え付け後は
鉢からたっぷり水が流れる位
十分に水やりします。

次に、お世話の方法を
四季を通して説明します。
特に、冬越しと夏越しは大切!

🌸管理の仕方

🍁秋(9月~11月下旬)

 半日は日の当たる場所に置く
 雨に当たっても良い
 花が茶色になったら茎ごと摘む
 28度以上の温度の時
 朝、夕方の2回水やりする
 他は午前中1回の水やりでOK
 週に1度の液体肥料を施す

このように茶色になったら摘み取ります
このように茶色になったら摘み取ります

⛄冬(12月~2月下旬)

 霜、雪のある地方では
 当てないように軒下、玄関先に置く
 寒冷紗や、霜よけのドームを活用する
 表面が白く乾いたら水やりする程度
 肥料はこの時期与えない

🍁もし、葉が枯れてしまったら!

葉が変色してしまいました。
葉が変色してしまいました。

写真は2月上旬の様子
霜には当てていませんが葉が変色しています。
もう復活しないのでしょうか?
根元に新芽が出ています。捨てないで~!
根元に新芽が出ています。捨てないで~!

 新芽が出ていました。
 晴れた日は外に出し水を与えます。
 1月~3月は玄関などに取り込むのが安心です。
3月上旬新芽が育ってきました。もう大丈夫!
3月上旬新芽が育ってきました。もう大丈夫!

 枯れた葉はいきなり切り戻さず
 新芽の成長を見ながら切りましょう。
 3月は戻り霜があるので日中外に出しても
 夜間は軒下や玄関にしまいましょう。

⛅春(3月~6月梅雨前)

 日の当たるところがよいが
 暑さが苦手なので軒下でよい
 この時期水やりは午前中1回が基本だが
 暑くなる日は夕方にも水やりする
 花が満開になるので週1の液肥は必ず
 オルトランも忘れずに撒く

🌂梅雨時期(6月~7月)

 土が湿っているときは
 水やりしなくてもよい
 株の内部の葉が枯れていたら
 取り除いておく

🌞夏(7月~9月上旬)

 急に全ての花が茶色になったら
 はさみで茎ごと5~10cm位切り戻す
 葉も茶色く変色したものも切る
 半日陰に鉢を移し夏越しさせる
 真夏は花が咲かないので
 肥料も2週間に1度位に控える
 水は朝と夕方2回与える

ボンザマーガレット オペラ咲き レモンイエロー
ボンザマーガレット オペラ咲き レモンイエロー

🌸花びらが散っていたら?

咲いたばかりの花びらが
散ることはほとんどないので
よーく観察しましょう。

花の中心を芋虫クンがお食事中のはず!
お花をみーんな食べられちゃいますよ。

オルトランは株元にしかないので
株が大きく育ってきたら
お花用の殺虫スプレーを撒きましょう。
病気と虫の両方に効くものが便利!

左オルトラン、右病気と虫用スプレー
左オルトラン、右病気と虫用スプレー

🌸あとがき

我が家では東向きの
玄関の前の軒下が定位置になっています。

午前中だけ日の当たる環境ですが
夏越しにはよかったみたい。
6月ごろ、1度西側に移したら
とたんに蕾がなくなってしまいました。
西日がきつかったみたいですね。

ボンザマーガレット 七分咲き
ボンザマーガレット 七分咲き

繊細な緑の葉は
花が無くてもおしゃれでいい感じです。

移動させる都合上
大きなプランターに植えたりしないで
20cm位の鉢に単体で
植えた方が管理しやすいですね。
 
高いイメージのサントリーの苗ですが
ボンザマーガレットは
冬の霜と夏の日差しを乗り切れば
1年中楽しめて、お得ですよ。

あなたのお庭に
仲間入りさせてくださいね。