コードをまとめて収納!100均でコードボックスを簡単DIY

パソコンやプリンターに
タブレット端末の充電
ゲーム機の充電、その他モロモロ…
机の下にコードがぐちゃぐちゃに
なっていませんか?
コードボックスを作って収納して
スッキリさせましょう。

床にぐちゃっとしているコードたち・・じゃまですね。
床にぐちゃっとしているコードたち・・じゃまですね。

コードボックスに収納して机の下にスッキリ!キャスター付きで簡単お掃除。
ボックスに収納して机の下にスッキリ!キャスター付きで簡単お掃除

キャスター付きで掃除もラクラク♪
100均のすのこや木材でコスパも優秀です。
すのこのおかげでコードの熱も
こもらず安心して使えます(^^♪

コード収納ボックスの超カンタンな作り方

☆もくじ☆

1 材料
2 作り方
3 失敗しちゃった?
4 まとめ

🍀材 料

〇本体用

  • 木板A  45×15cm(セリア) 2枚
  • すのこ 45×20cm(ダイソー) 2枚
  • 木板B  45×9cm(セリア) 1枚
  • 丸くぎ 長さ16mm 30本位
材料は100均で揃いますよ。
材料は100均で揃いますよ。
今回板が9mmなのでくぎは16mmのものを使います。
今回板が9mmなのでくぎは16mmのものを使います。

〇キャスター用

  • 工作材料直方体 4個(ダイソー)
  • 丸くぎ 19mm 8本
  • キャスター 車直径25mm 4個
  • 木ネジ丸頭 2.7×13mm 16本

ダイソー直方体8個入り 6cm×3cm
ダイソー直方体8個入り 6cm×3cm

ダイソーのカット済の木材です。
サイズは6cm×3cmで板の厚さは1.5cm
使いやすいサイズでいろいろと活躍します。
自在キャスター4個と木ネジ4個×4本
自在キャスター4個と木ネジ4個×4本

キャスターはホームセンターで
1個65円ほどで買えますよ。
今回、前後左右に動いてほしいので
自在キャスターにしました。

🍀道具

製作に必要な道具
製作に必要な道具

金づち、キリ、木工用ボンド
スポンジタイプの紙やすり320番
のこぎり、C型クランプ(なくてもOKです)

🍀作り方

🌸本体を作ります。

  1. 木板Aの1枚を底板として使います。
    次にすのこにボンドを塗ります。
    すのこに木工用ボンドを付けます。
    すのこに木工用ボンドを付けます。
  2. 写真のように乾くまで
    押さえておきます。
    底板の両側にすのこを立てて、ボンドが乾くまで押さえます。
    底板の両側にすのこを立てて、ボンドが乾くまで押さえます。
  3. 乾いたらまた、ボンドを塗り
    長方形の箱になるように仮止めします。
    すのこの上部分にボンドを塗り、上板をのせ、乾かす。
    すのこの上部分にボンドを塗り、上板をのせ、乾かす。
  4. 16mm丸くぎ6本で
    すのこの足部分にくぎを打ちます。
    上下を返してまた6本打ちます。
    すのこの足部分に丸くぎを打ちます
    すのこの足部分に丸くぎを打ちます
  5. こんな感じになります。
    横から見るとこんな感じです。
    横から見るとこんな感じです。
  6. 次に、木板Bを写真のように
    本体の空いている端に当てて
    ペンで印をつけます。
    左右の板は直接当てて長さをペンで印付けします。
    左右の板は直接当てて長さをペンで印付けします。
  7. 印のところをのこぎりで切り
    ボンド乾燥後、丸くぎ4本で打ちます。
    この板は実はなくてもいいのですが
    動かしたときにコードがはみ出るのを
    防ぐための物です。
    カットした左右の板をボンドで留め、乾いたら釘打ちします。
    カットした左右の板をボンドで留め、乾いたら釘打ちします。
  8. 入れるコードが少ない場合
    左右に板を付けた方がいいのですが
    パソコン充電用のコードは
    間に蓄電器があって太いので
    いくつものコードを収納したい人は
    片側だけの方が使いやすいでしょう。
    この状態でも十分使用できますが、もう一工夫しましょう。
    この状態でも十分使用できますが、もう一工夫しましょう。

🌸キャスターを付けます。

  1. 底板の4隅にカット済の木材4個を
    ボンドで仮止めし、丸くぎ2本を打ちます。
    このくぎは長さ19mmを使用します。
    底板にカット済木材4個を付けます。
    底板にカット済木材4個を付けます。
  2. ニスやペンキで塗装したい場合
    キャスターを付ける前に塗ります。
    白木のままでもナチュラルでいいですね。
    ニス仕上げをしたい場合は

    ニスの塗り方

    を参考にして下さい。

  3. 注意!台所など水気のある所で
    使用する場合、かならず塗装しましょう。
    カビの被害を防ぎます。
  4. カット済木材の中央に
    キャスターを置き、マジックペンで
    印をつけます。
    板の中央にキャスターを置いてマジックペンで印を付けます。
    板の中央にキャスターを置いてマジックペンで印を付けます。
  5. 印にキリで下穴を開けキャスターを置き
    丸木ネジ4本を1番ドライバーで留めます。
    4個キャスターを留めればできあがり!
    木ネジ4本で留めます。プラスドライバー1番を使いました。
    木ネジ4本で留めます。プラスドライバー1番を使いました。

🍀失敗しちゃった!

写真ではニスで仕上げてありますが
両端の板を打ち付けてから
塗装したため内側のニスが
塗りづらく、すのこの隙間から
細筆で少しずつ塗るはめになり
大変な目に遭いました。

ニス仕上げをなさる方は板を
左右両方取り付けない方がいいですね。
お気を付けくださいませ。

🍀まとめ

今回、セリアとダイソーの商品で
製作しましたが、木板AとBは
同じようなサイズがダイソーにもあります。
すのこは新商品のゴムの木素材で
硬くて釘が入るかな?と心配しましたが
案外普通に打てました。

コードボックスの完成です。
コードボックスの完成です。

💰かかった費用

  • 木板 2枚、すのこ 2枚
    工作用カット済木材 1袋
          100円 × 5
  • キャスター 65円 × 4個
  • 16mm丸くぎ  120円
  • 19mm丸くぎ  120円
  • 丸木ネジ    120円

  合計 1120円(税抜き)

以前、箱をひっくり返した形の
コードボックスをみて欲しかったけど
3000円以上して買えなかったなぁ~!

キャスター取り付けが心配な方は
本体が完成した後、底板に
滑り止めのゴムやフェルトシールを
貼る方法もありますよ。

100均のすのこはホント便利なので
ぜひ作ってみて下さいね。