メニュー

初心者さんのDIY!道具選びと基本の箱作り

2017年1月29日 - DIY、ガーデニング、猫
初心者さんのDIY!道具選びと基本の箱作り
Pocket

今、すっごく流行っているDIY!
やってみたいけど
なにから手をつけたらいいのかわからない!
こわい!ケガしそう・・

そんなあなたに、すこーし中級者の私が
わかりやすくアドバイスいたします。

基本の道具から、簡単な箱作りまで
基本をばっちり解説いたします。ご安心下さい。

DIY女子必見!必ず揃えたい道具とは?

おうちにあるもので、いいんですが、
やっぱり、道具がなくては、何も始まりません。

DIY、初心者、道具

今回、制作する箱の
材料と道具です。


1 ドライバー
 セットもありますが、基本はプラスドライバーの2番、
 手になじむラバーの持ち手のものが、使いやすいです。

2 メジャー  
 コンベックスと、呼ばれていますが
 3.5m位測れるもので
 金属製の巻き取りタイプのものが便利、
 カーテンを購入するときなど必要ですね。

 金属製の20cm位の定規や、
 直角になっているもの(さしがね)は、
 木材を垂直に切る時に重宝します。

3 金づち・キリ・釘抜き  
 ないお宅が多いのですが、一度購入すれば
 ほぼ一生使えます。
 金づちは、両口玄翁(りょうくちげんのう)
 キリは四ツ目錐(よつめぎり)が、一般的です。
 キリ、釘抜きがはいっているドライバーセットも
 便利ですね。

4 のこぎり   
 木工用で、刃の長さ20cm位の
軽いものが女子向けですね。

5 やすり   
 紙やすりで大丈夫。
 荒目(60番)中目(120番)細目(240番)が
 セットになっているものが、便利です。
 紙の裏に番号が印刷されています。

6 木工用ボンド  
 できれば、速乾ボンドにしましょう。

☆早速、箱を作りましょう☆彡

♬材料♪

  

木を切るのが怖い!
大丈夫、カット済み木材がありますよ。

📚MDF材とは?📚

中密度繊維板のことで、MDFと略されます。
木のくずを細かく粉砕したものに、
合成樹脂を加え、熱圧成形した板です。

表面はなめらかできれい、価格もお手頃です。
欠点は水分に弱く、カビが発生することです。

台所で使うときはニスで、保護しましょう。
あと、太いネジは表面が割れてしまうので、
普通の丸釘(まるくぎ)を打ちましょう。

♪作り方♬

  1.  1枚の板の両側5mmの幅に、
    木工用ボンドをつけます。
    アイスの木のスプーンなどで、
    均一にボンドをつけましょう。
    箱、底面、ボンド

    板の両側5mmに
    ボンドをつけ、ならして
    均一にする。

  2.  ボンドのところに縦に板をのせ
    軽く押さえます。
    2~3分抑えるといいでしょう。

    角と角がずれないよう気を付けてくださいね。
    もう片方の端も同じように接着しましょう。

    箱側面、ボンド

    ボンドをつけたところに
    板を立てて、接着します。

  3.  側面の板がしっかり接着したら、
    両側の板の上にボンドを塗り、
    均一にならします。

    DIY,箱、上面

    側面に立てた板に
    ボンドを付け均一に
    ならします。

  4.  上板をのせます。
    側面の板が内側に傾かないように、
    別の板で角を抑えながら、接着します。

    DIY、箱、上面、おさえ

    上に板をのせます。
    ずれないよう別の板で
    おさえながら、角を
    ピタリと合わせましょう。

  5.  四角形になりました。
    こんな風に案外簡単にできるんですよ。

    DIY,箱、完成

    完成です。ボンドが
    はみ出てしまったら
    布などで拭き取ります。

  6. 重くない物を乗せるのならば、
    このままでいいのですが、
    くぎで補強すると
    応用次第でいろいろできます。

☆釘を打ちましょう☆彡

♪材料♬ 

 

今回使う釘は、こびょうという
木工用の小さな釘です。
10mmは釘の長さです。
#9は、0.9mmの太さです。

太過ぎるとMDF材は、
割れてしまうので注意です。

釘の長さは、打つ木材の
厚さの倍と考えましょう。
材質は鉄やステンレスなど、色々あります。

最近は100均でも、釘がありますが、
長さや材質など選ぶのならば専門店がいいようです。

先端がスクリューになっている木ねじは、
MDF材には向きません。
表面が割れてぼこぼこになるので
使わないようにしましょう。

♪作り方♬

1 今回のMDF材は、厚さ6mmなので、
 板厚の真ん中、両端から1cm内側を目安に
 キリで穴をあけ、そこに打ちましょう。

 10cmの小さな木材ですので、
 1辺2か所ずつ打てば、十分でしょう。

箱、釘、下穴

キリで下穴をあけます。
端から1cm位内側に
しましょう。

2 キリの穴に釘を刺し、
 少し打ったら横から見て、
 斜めになっていたら、釘抜きで抜きます。

 曲がっていたら、もう使わないようにしましょう。

 慣れてくればキリの穴がなくても
 真っ直ぐ打てるようになります。
 指を打たないよう気を付けましょう。

釘、曲がり

このように釘が
曲がったら抜いて
やり直しましょう。

3 出来上がりです。
 このままでも、飾り棚として使えますね。

DIY,鉢カバー、猫

鉢カバーとして
使ってもいいですね。

☆さらに、使いやすくできます。☆彡

底板が付くと、物入れになり便利です。
それにMDF材は湿気に弱いので
保護するためにニスを塗るとよいですね。

リモコン立ての作り方」では、
簡単な底板の付け方と
ニスの塗り方を説明しています。
今回、作った四角の箱をさらにグレードアップ
させましょう!ぜひ、ご覧ください。

猫のお世話BOX」では
汚れものや濡れたものを入れるアイデアも載っています。

下の写真は箱にペットボトルの下を
カットしたものを入れて底にして
MDF材にデコパージュでイラストを
貼り付けています。

ぜひ、参考にしてくださいね。

MDF箱の応用

MDF箱の応用

  
✂使用した材料:MDF材  4枚  
        こびょう 8本

✂使用した道具: 木工用ボンド、金づち、キリ
        釘抜き、木のスプーン 

💰かかった費用:MDF材 ¥100  ボンド ¥100 
         こびょう ¥88
         合計 288円(税抜き)

    
    
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください