DIY箱の応用

DIYの基本を学ぶ!リモコン立ての作り方とニスの塗り方

Pocket

前回DIYの基本で箱を作りました
その応用として
リモコン立てに仕立てます。

リモコンを入れるには
底に板がが必要ですね。リモコンは
テレビやビデオレコーダーに使うので、
リビングの家具と色合いを合わせたいですね。

箱を使った応用編!

底板の付け方とニスの塗り方を学ぶ

底板を付ければ、
物が入れられるようになります。
塗装すれば、湿気に強くなり、
おしゃれなインテリアとして活躍間違いなし!

前回作った箱をリモコン立てや鉢カバーに
グレードアップさせましょう。

DIY、リモコンケース、完成
仕切り板を入れて
使い勝手もアップ!
手前にペンも入ります。

木を切るのが怖い!底板って、どう作るの?

初心者さんの心配は、木の切断ですよね。

箱はPDF材のカット済みを
くっつけただけですが、
底板のサイズは
板の厚みを加えたものになりますので、

実際は 10cm×11.2cm
 になります。

木工をするうえで、
木の厚みというのは大変重要です。
普段から木材の厚みを
測る習慣をつけましょう。

慣れた方ならベニヤ板を
カットして作りますが、
初心者には、ミリ単位のカットは
難しいですね。

今回は厚紙で簡単に作ってみましょう。

☆底板の作り方☆彡

✂材料✂

 

  • 前回作成済の箱(PDF材10cm×10cm)
  •  

  • 厚紙(10cm×11.2cm) 2枚 (工作用紙でもよい)
  •  

  • 布(できれば、木綿の織物)(12cm×13cm) 2枚

✂作り方✂

1 工作用などの厚紙を 10cm×11.2cm
の大きさにカットします。
 箱を置いてぐるりと線を引いても
 いいですよ。同サイズ2枚作ります。

2 布を 12cm×13cm の大きさに
 カットします。2枚作ります。
 ここでいう布は、Tシャツなどのニットではありません。

 織物の木綿の生地で、中厚のものがベストです。
 100均でも手に入りますが
もう着ない綿のブラウスなどを
 捨てずに再利用するのもいいですね。

厚紙と布
厚紙と布を
2枚ずつカットします。

3 裏側に置いた布の上に厚紙をおき、
 厚紙の1cm位の幅にぐるりとボンドをつけます。

DIY,厚紙ボンド
厚紙にボンドをつけ、
布を折り返します。

4 布の下部分を折ったあと、
上部分の布を折り返します。
 布がピンと張るようにきっちり折りましょう。

 次に左右を折り返します。
 角が重なるので、ハサミで角を
カットすると,すっきり仕上がります。

厚紙、布、角カット
厚紙に布を貼る時、
角が重なるので
カットしても良い。

5 布を貼った厚紙の裏側にぐるりと
 ボンドをつけ、2枚をピタリと合わせます。
 隙間がないように角にもボンドを付けましょう。

厚紙2枚合わせ
布を貼った厚紙を
裏同士合わせ、
ボンドで接着する。

6 よく、乾かしましょう。
反り返るといけないので、日陰で乾燥させます。

☆箱を塗装しましょう☆彡

底板を乾かしている間に、箱の塗装をしましょう。

今回は、リモコン立てにするので、
テレビ台に近い色のニスを塗ります。
ナチュラルなリビングの方は、
MDF材の色を生かして、
透明ニス仕上げもおすすめです。

ニスには、水性と油性のものがあります。
初心者さんには、水性がオススメです。

木部工作用、室内用と
書いてあるものを選びましょう。

水性は、はけを水で洗えますので、
扱いやすいですよ。
ニオイも控えめでお部屋での作業も安心です。

✂材料✂

 

  • 水性ニス (木部工作用)100ml入り1本 
  •  はけ  (工作用刷毛 30mm)水性・油性兼用 
  •  

  • 500mlペットボトルの下部分カットしたもの 2個
  •  ぼろ布(不要のくつした、下着、Tシャツの切れ端等)
  •  古段ボール、ビニール手袋
  •  

  • 紙やすり(240番)

必要な道具塗装編
必要な道具塗装編

右側にあるのは
スポンジタイプの紙やすり3種です。
シートタイプを使うときは
不要の木の板に巻き付けて使用します。

✂作り方✂

1 不要な段ボール箱を切って、開きます。
 ビニール手袋をはめます。
 紙やすり240番で箱をやすり掛けします。
 ぼろ布で、木くずを払いましょう。

2 ペットボトルの下部分を5cm位
 カットしたものの1個に水を入れます。

 もう1個は、ニス入れです。
 よく、振ってから1.5cmくらい入れましょう。

DIY、塗装、準備
ペットボトルは500ml
のものがいいでしょう。
カットします。

3 はけを、指でさばいて、
 抜け毛を取り除いてから、ニスを付けます。
 つけすぎないようにしましょう。

4 中側を先に塗ります。
 角の狭いところから塗りましょう。

 MDF材は、木目がないので、
好きに塗っていいのですが、
 できれば同じ方向にはけを動かすと、
 ムラなく、きれいにできます。

DIY、ニス、塗り方
中側を先に塗ります。
狭いところから
広いところへ塗り
広げましょう。

5 次に板の厚みの部分を塗ります。
 上下とも塗ります。

6 一度、中と上下を乾かします。
 この時、水の中にはけをいれ、軽く洗います。

 はけを洗わないと、乾いて固まってしまい
 後で使えなくなるので要注意です。

7 はけの水気をぼろ布で取り、
 また、箱の中と上下を塗ります。(2度塗り)

 乾いたら、外側を塗ります。
同じように2度塗りします。
 すでに乾いている厚みの部分を
下にして乾かします。

DIY、箱、ニス、上下
中を塗った後、
上下を塗ります。

8 天候にもよりますが、
40分~60分ほど乾かしましょう。
 はけはよく洗い、乾かしましょう。

 残ったニスは容器に戻さず、古新聞や、
ぼろ布をペットボトルの下部分に
押し込みニスを吸わせます。

 プラスチックを
燃えるゴミで出せる自治体では、
 そのまま処分できます。

DIY、箱、ニス、終了
ニスの2度塗り終了
乾燥させます。

☆いよいよ、仕上げです。☆彡

✂材料✂ 

 
 

  • 塗装済み箱
  •   
     

  • 2枚接着済厚紙(底板)
  •  

  • シリコンクッション(直径8mm ホームセンターなどにあります)

 
1 箱の下部分にボンドをつけ、
底板を貼り付けます。

猫、箱
なぜか猫が映ってますが
箱に底板をボンドで
つけます。

2 底板が乾いたら、裏に滑り止めの
 シリコンゴムを4隅に貼りましょう。

シリコンゴム
シリコンゴムを貼ったところ
滑りにくくなります。

3 出来上がりです。おつかれさまでした!

リモコン立て完成
リモコン4個はいりますよ。

とっても、簡単でしたね。
応用として、中に仕切り板を入れて、
使い勝手をよくした例もあります。

リモコンケース、仕切り
実際にリモコンを
入れて、幅を
決めましょう。

塗装をしてしまうと、
くぎが打ちづらくなります。

仕切り板を入れる時は、
ニスを塗る前に作業しましょう。
基本の箱の作り方を参考に、
ボンドで止めた後、横からくぎ打ちします。
斜めにならないように、
気を付けて作業しましょう。

⏰作業時間:30~60分(乾燥時間は除く)

💰かかった費用:厚紙 ニス はけ (ダイソー)
       シリコンゴム  ¥250(量販店)
         合計 550円(税抜き)
布、ぼろきれ、ペットボトルの下部分などは不用品再利用

 

    

投稿者:

chanchan2345

築35年の和風一軒家を、DIYとガーデニングで何とかマシにするべく、孤軍奮闘中!私のことは「chanchan」とか、「ちゃんち」とかお呼び下さい。 3匹の猫たち、(虎丸・ねね・綿丸)と思春期の息子とわいわい暮らしています。人工股関節の術後、腰痛が悪化、仕事を転々としている、すこーしボンビーな私です。ポリシーは必要なら作っちゃお!です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください