見てるんじゃねーよ!キラリ光る眼光

カラーBOXと段ボールで作る!愛情たっぷり猫の隠れ家その1

Pocket

猫がテレビの裏やカバンに入ったり、
ソファの下にもぐって、カバーの中でもぞもぞ!
猫専用の隠れ家があれば、いいのになぁ。
そう思っている猫好きのみなさん!
愛情を込めて、作ってみませんか?

カラーBOXと段ボール箱を使って、

猫の隠れ家を作りましょう!

段ボールなので、
DIY初心者さんでも、大丈夫ですよ。
慣れていない猫ちゃんの
避難場所にもなりますよ。

🐈Aは体重5kg以下の小~中型猫用です。

猫の隠れ家
Aは体重5kg以下の猫用の隠れ家です。

🐈A体重5kg以下の猫ちゃん用の材料

・シングルタイプカラーボックス(カインズホーム) 
     34cm×34cm 29cm(奥行)¥980
・滑り止めゴム 4個
・段ボール箱  1個 43×29×31cm(奥行き)
・フェルト生地  幅50cm×長さ90cm 
・木工用ボンド速乾タイプ大  1個
・ボンド塗り用のアイスの木のスプーン
・ボンド塗り用の薄手の使い捨て手袋
・布切り専用ハサミ
・ガムテープ(布タイプ)
・カッター(刃の太いものがおススメ)
・定規(目盛りのはっきりみえるもの)・サインペン

🐈Bは体重5.5kg以上の中~大型猫用の隠れ家です。

Bは体重5.5kg以上の猫の隠れ家です。
Bは体重5.5kg以上の猫の隠れ家です。

🐈B体重5.5kg以上の猫ちゃんの材料

・一段カラーボックス(ビバホーム)
 サイズ43.9×30.8×29cm(奥行き)¥1280
・段ボール箱  1個
 サイズ 39×20×24cm(奥行き)
・フェルト生地
  39×27cm  2枚
あとの材料は5kg以下の猫用と同じです。

フェルト生地も、家にあるフリースブランケットの
再利用でいいんですよ。
切りっぱなしになりますので、
端がほつれてこない生地がおススメですね。
100均に裏がシールになっている布が
ありますので、それをつかうのも手ですね。

🐈それでは、作り方で~す。🐈

1 カラーボックスを、取説に従い組み立てます。
 色は、リビングに合う色がいいでしょう。
 Bの体重5kg以上の猫用隠れ家で説明します。

カラーBOXの組み立て
カラーBOXの組み立て
プラスドライバーを使用

2 カラーボックスの裏に滑り止めゴムを、4か所貼ります。
 猫グッズに、滑り止めのゴムは必須アイテムですね。

3 中に入れる「隠れ家」を段ボールで作ります。
 大きな引き出しをつくる!とお考え下さい。

4 カラーボックスの内側の寸法を測ります。

 A たて29cmよこ29cm 奥行 25cm
 B たて27cmよこ39cm 奥行 25cm

 既成の段ボール箱を組み直して上記のサイズに作ります。
 段ボールはしっかりしたものにしましょう。
 Bのサイズは宅配便などの箱で同じものがあります。

内側の寸法を測る
内側の寸法を測る

Aの箱の展開図はこちら
 

隠れ家A ちいさめ猫用 展開図
隠れ家A ちいさめ猫用 展開図

 Bの箱の展開図はこちら
 既成の箱がないときはこのサイズで作ってね。
 

隠れ家B 大きめ猫用 展開図
隠れ家B 大きめ猫用 展開図

 今回、既成の箱を手直しして
 Bの大きめ猫用の箱作りを
 写真付きで説明しています。

5 Bの箱は、高さが足りない場合は
 フタの部分を切って足してください。
 ガムテープで補強します。

箱の高さを足します
箱の高さを足します
27cmにします。

6 底もガムテープで補強します。
底の補強
底の補強

7 猫の出入り口を作ります。
 直径17cm位の鉢の水受皿を当てて
 丸をマジックペンで書きます。ハサミで、丸く切り抜きます。
くり抜いた丸は残しておきましょう。
猫の出入り口を付ける
猫の出入り口を付ける

8 フェルト生地を27cm×39cmに2枚カットします。
フェルト生地の裁断
フェルト生地の裁断

9 内側に生地を置き、7 の丸い段ボールを当てて
 フェルト生地に丸い印をペンでつけます。
 生地を丸く、くり抜いておきましょう。
箱内側の作業です。
箱内側の作業です。

10 箱の前面にボンドを塗ります。
 アイスの棒などで角と丸の周辺をむらなく塗ります。
 そこにもう1枚のフェルト生地を貼り付けます。
箱の前面にボンドを塗る
箱の前面にボンドを塗る

生地の貼り付け
前面に生地を貼ります

11 乾いたら、内側の丸いフェルト生地の中心部に
 ハサミで切り込みを入れます。8等分に切り、折り返します。

中心部に切り込みを入れます。
中心部に切り込みを入れます。

8等分にする
8等分にしたら、先を切って内側に折り返す

12 10 と同様に、ボンドをまんべんなく塗り、
  穴の位置を合わせながら 9を貼り付けます。
  穴の周りは、特に生地が重なっているので
  ボンドを多めに塗りましょう。
  使い捨て手袋をはめ、指でボンドと布が
  よく接着するようになじませていきましょう。

13 ボンドのにおいが強いので、
  できれば屋外の日陰などで半日乾かします。

14 中に小さめのカーペットを敷く予定でしたが
  猫たちは中でつめとぎをしてしまい
  隠れ家が壊れそうになってしまいました。
  大急ぎで中につめとぎを敷くことにしました。

 この続きは「猫の隠れ家その2」をご覧ください。
 カーペットでつめとぎする猫の飼い主さん必見です! 

隠れ家の綿丸
隠れ家の綿丸

 
⏰作業時間
 ボンドの乾く時間を考慮し、
 2~3時間ほどかかるとお考え下さい。
 余裕のある、休日に
 午前中から取り掛かることをお薦めします。
 室内で作業可能です。

💰かかった費用:合計 1480円(税抜き)
 カラーBOX 980円  段ボール箱 無料
 貼り付けた生地  自宅の不用品再利用
 木工用ボンド  ¥100 滑り止め  ¥400
           

  


  

   
 
 

投稿者:

chanchan2345

築35年の和風一軒家を、DIYとガーデニングで何とかマシにするべく、孤軍奮闘中!私のことは「chanchan」とか、「ちゃんち」とかお呼び下さい。 3匹の猫たち、(虎丸・ねね・綿丸)と思春期の息子とわいわい暮らしています。人工股関節の術後、腰痛が悪化、仕事を転々としている、すこーしボンビーな私です。ポリシーは必要なら作っちゃお!です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください